オフィスのあり方

バーチャルオフィスとは、東京などの大都市を中心に普及が進んでいる賃貸オフィスの提供サービスです。といっても貸すのはオフィスそのものではなく、オフィスとしての所在地です。つまりその依頼人はサービス事業者の住所だけを借り、実際の仕事は自宅など別の場所で行うことになります。 このようなスタイルを取ることで、バーチャルオフィスは実際にオフィススペースを借りるよりも大幅に低いコストで都心部にオフィスを「持つ」ことができるようになります。小規模事業のためオフィスを賃借する余裕がない、あるいは賃借する必要がない場合であっても、東京の主要オフィス街を事業所所在地とすることは大きなステータスとなります。また主要顧客が東京都内に所在する場合は、相手の信用を得るうえで東京都内の住所は大きな意味を持ちます。

このような説明を聞くと、バーチャルオフィスとはつまり郵便物を受け取る際の「気付」と同じではないかと考える人がいるかも知れませんが、若干異なります。バーチャルオフィスの利用によって得られる住所はあくまでも正式な事業所所在地であり、対外的に広く表明できるものです。郵便物の受け取りはもとよりホームページ上に掲載することもできますし、物件によっては法人登記が可能な場合もあります。 また、最近では各種のサポートサービスをオプションとして提供しているバーチャルオフィスもあります。その代表的なものは電話代行サービスです。また、執務用のデスクや会議スペースを時間貸ししているところもあります。この場合はバーチャルオフィスに実際に「出勤」することも可能になるわけです。

オフィスの利用

バーチャルオフィスサービスを利用すれば、東京の信頼できる立地にあるオフィスビルを自分の会社のアドレスとして登録できます。東京に住所があるとビジネスが有利に運びます。バーチャルオフィスは低コストで利用申込みも簡単です。

Read more

ビジネスの形

バーチャルオフィスサービスを利用すれば、東京一等地にあるオフィスビルにある住所を自分の会社の住所として利用することができます。名刺に書いたりホームページに記載したり、法人登記することも可能な場合もあります。

Read more

住所を借りる

自宅が仕事場と兼用だった場合、バーチャルオフィスを利用することで別の住所を持つことができます。自宅を知られたくないときなどに便利です。スペースも貸してくれるところがあるため、利用者が増えています。

Read more